鏡に写った自分は左右反対に見えるが上下反対にならないのはなぜ?

カーブミラーを見ると交差点の左から自転車が走って来る。

あれ?あの自転車は道の向こう側(自転車の走る道の左側:軽車両の正しい走行)を走って来るのか、道のこちら側(右側)を走って来るのか、一瞬迷うことが有りませんか?

凸面鏡なので距離感も分りにくいです。

もちろん一旦停止と徐行は必須ですが、こちらが停車していても自転車が右側走行でブラインドコーナーを急角度で曲がって来られると怖いですよね。 

ではなぜ鏡に自分を写すと左右は反対になるのに上下は反対にならないのでしょうか。
[CM]

インターネットを見てみると沢山の皆さんが色々と書いています。
脳の機能や哲学まで持ちだし賑わっています。

鏡は左右を入れ替えるのではなく前後を入れ替えると説明されている方もいます。うーん難しいですね。分っていても人に説明するのは難しいものです。

■鏡はレンズではない。
答えは簡単です、平らな鏡はレンズでは無いからです。

■凸レンズでは
虫眼鏡を手を伸ばして持ち遠くの物を見ると左右上下が反転して見えます。

鏡に凸レンズを近づけて少し離れて自分を見れば禿げた頭が下に鼻の穴が上を向いています。左の眼を閉じれば顔の真ん中にある鼻の右下に映っている左の眼が閉じます。

■鏡では
薄い半紙に書いた文字を鏡の前にかざして見ると半紙の右にあるものは右に、半紙の左にあるものは左に、半紙の上にあるものは上に、半紙の下に有るものは下に後ろから透けて見える通りにそのまま鏡に写って見えます。

頭の回転の速い方は、左右だけ反対なのは人間の目が左右についているのが原因では?と思われたかもしれません。

それでは思いっきり首を横に曲げて顔を90度倒してみてください。2つの目は縦に並びますが上下左右の見え方は真っすぐに立った時と変わりません。

疑問が沢山わいてきた方は一度大きな鏡の前で頭を右(北)にしてごろっと横になってみたください。

顔は横になり目は縦に並び、頭は右(北)になり、同じく足は左(南)、左手は上、右手は下になります。

鏡に映る自分も同じく頭は右(北)に、足は左(南)、左手は上、右手は下になっています。実際に右にあるものは右に上にあるものは上に鏡に映っているはずです。

鏡に映る自分は自分のコピー人形があちら側に有るのではなく、ただの鏡に反射した映像です。

鏡に映る自分と、鏡の横に立った他人を見れば他人の右手は左にあるが、鏡に映った自分の右手は右にある、これでややこしくなっているのですね。

では脳の錯覚(情報処理)のせいでしょうか?写真を撮れば見た構図と同じなので脳の錯覚ではありません。 



千円札の本栖湖に映る富士は上下反対ですね、道頓堀に映ったグリコのネオンも、水たまりに映った通天閣も。

大海原の遠くの水平線は近くの海岸の波打ち際よりも上に見えます。

下の図のように入射角と反射角が同じで、富士山の頂上から湖面で反射して目までの経路上と、裾野から面湖で反射して目までの経路上の反射点は当然山頂が手前に、裾野が遠くになり、遠くのすそ野が上に、近くに映る頂上が下になり、上下さかさまに見えます。 

湖の向こう側に有る富士山が湖に映ると上下反対になり、左
右はそのままです。

もともと人の目が凸レンズで実際の景色が網膜に上下左右が反対に映り脳が補正しているので色々とややこしく考えてしまいがちです。網膜からの信号を伝える神経も途中で交差して左右反対の脳につながっているようです。考えすぎると、どうして宇宙は存在するのか、などと禅問答か哲学の世界に入り込みそうです。気楽なおっさんとしては、その手の話は苦手です。
 
極短雑学
約1分~3分で読めます
[CM]
[CM]
[CM]


おっさんhobby

富士山と
2016年七夕の
伊丹空港の門限

おいとぼし社の
おもかる石