おっさんhobby
占いまとめ惑星情報・用語解説

内合、外合、留について

この記事は約3分で読めます。

 「おっさんhobby占いまとめ」の毎日惑星情報によく出てくる「内合、外合、留」などの惑星の位置関係の呼び方について簡単にまとめています。

  内合(ないごう)、外合(がいごう)

地球より内側をまわっている惑星は内惑星と呼ばれています。惑星の中で一番太陽に近い水星と一番地球に距離が近い金星が内惑星です。

水星と金星がどの位置にある時が「内合」、「外合」に当たるのかは下のイメージ図を見ていただければ一目瞭然です。

「内合」は惑星が太陽と地球の間に位置し太陽と同じ方向にあるとき、「外合」は太陽の裏側に行った時です。

水星も金星も太陽近くにいるためにあまり顔を見せることはありませんが、金星は太陽が沈んだ直後(宵の明星)、太陽が昇る直前(明けの明星)に明るく輝く時期があり皆さんもよくご存知だと思います。

一方、水星は太陽の近くを公転していて、小さいのでほとんど観察できないようです。

内合、外合説明図

最大離角(さいだいりかく)

最大離角は地球から見て惑星が最も太陽から離れて見える位置です。地球から惑星公転円周に接線を引いた時にその接点に来た時です。西方最大離角と東方最大離角が逆のようですがゼウスさんが地球を上(北)から見た図なので南に向いて左が東です。

金星は太陽に照らされた面が明るく輝くので月のように満ち欠けをします。最大離角にの一に来た時が半月に見えるはずです。

接線なので円の中心(太陽)に引いた線と垂直です。太陽に正面から照らされている金星を接線の端にある地球から見ているのでちょうど真横から見ているのと同じになり半月状となるはずですが、本当かどうかは皆さんでお考え下さい。

動かない天球の星座の間を惑星が西から東に向かって移動して行きますが「留」を境に逆行して西に向かい次の「留」を境に再び東に向かって移動し始めます。

下にアニメーション作って張り付けていますので見ていただくとこれも一目両全です。 「留」は順行から逆行に移るとき、逆行から順行に移るときに惑星の動きが止まって見える地点です。

上の図の中で地球の公転速度を極限まで落とし停止させて水星を動かしてみると太陽の向こう側を通るときは東に向かいい東方最大離角から西方最大離角まで西に逆行するのはすぐわかります。
そこから考えると当たり前といえば当たり前です。

火星などの外惑星にも留や逆行はあります。
太陽、地球、火星の順番に位置するときに起きます。

地球に接近し大きく見えるときなので何日かかけて逆行現象を比較的簡単に観察できるそうです。

留説明図

アニメーションの太陽と水星、地球の距離の比率は大体正確です。公転速度もほぼ合わせてあります。
内合から描いているので逆行から始まっています。

正しいか、正しくないかは別として 分らないことは何でもインターネットで調べれば書いてあり、窓から見える今夜の星空もソフトで簡単に映し出せます。

こんな時代だからこそ自分の頭で斜めからみて考えてみるのも頭の体操になりそうです。
理科年表を頼りに書いているおっさんは専門家ではありません。皆さんもぜひご自分でお考えになり、おっさんに騙されないようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク